FC2ブログ

ネクタリン サマークリスタルを育てるの記事 (1/1)

ネクタリンのサマークリスタルを購入する


桃のように美味しいとの事で、思わず購入してしまった、ネクタリンのサマークリスタル。

じゃあ桃買えよっ!てなものですが、これ、すなおに桃買ったら3本買えたわけで。


長野県が開発した新品種、皮まで美味しいスイート系ネクタリン。

7月中旬から下旬が収穫時期で、果重150から200g。




さっそく埋め埋め。

3倍期待する。
スポンサーサイト



サマークリスタル開花

サマークリスタル
[ 続きを読む » ]

サマークリスタルの成長とカマキリ

20180809124958b95.jpg

ネクタリンのサマークリスタルの木がグングン成長しています。3月末に咲いていた花を断腸の思いで摘んだのが良かったのでしょうか?
あの花を残して置けば今頃一つくらい収穫があって…と、女々しく思わないでもないですが、来年以降の楽しみが増えたという事で気長に待つとします。

順調に成長していたサマークリスタルに虫がっ!

12月になって庭のいろいろな木が落葉しています。

20181204200953ce5.jpg


順調に成長していたネクタリンのサマークリスタルも一気に葉を落としました。

スカスカになったサマークリスタルに寄り添い、
(今年はガマンして実を付けなかったんじゃけん、来年は頼んまっせ)などと小芝居をしていますと、


2018120420100463b.jpg


ん?!

幹に飴色のブヨブヨした見覚えのある物体が?!


間違いない。

これは幼少の頃に駄菓子屋で売っていた水飴!


知らんかったー。

水飴ってこうやって作られるんだー。


……な、訳あるかい。


どうやら未知なる敵から攻撃を受けているようだ。

スマホで調べようと画面をフリックしていたところ、水飴の中でモゾモゾと動く虫が。

2018120420101472e.jpg


犯人確保。

黄色のテッポウムシ的な奴です。

パッと調べてみると他にももう1箇所やられています。やはり同じ虫がいました。

他にもやられているかもしれません。

大きなトラブルも無く順調だったサマークリスタルですが、やはり甘くはないみたいです。

サマーといえば今日は12月なのに異常に暑く、松山市でも25.2℃あったようです。

20181204201041aaf.jpg




地球ヤバイ。

サマークリスタル開花

201903181953402a3.jpg


ネクタリン「サマークリスタル」の花が咲きました。

去年は木を大きくするため花を落としました。

その甲斐あってか良い感じに成長しています。

今年は初収穫あるかも?!



201903181953471a7.jpg


蝶のサナギがくっついていました。

サマークリスタルとミツバチ


201903291801459d0.jpg


満開のネクタリン「サマークリスタル」にミツバチが来ていました。



2019032918015368e.jpg


1年で大きくなったサマークリスタル。


ネクタリンもスモモも満開です。


サマークリスタル


令和~。

と、いうことでネクタリンのサマークリスタルです。

20190502105142d2e.jpg


木は大きく成長しています。


20190502105246a62.jpg


たくさん実は付いていますが、葉に病気が広がっています。

それにアブラムシも結構発生しています。


スーパーの袋にいっぱい分は摘み取りましたが、まだまだ変な葉が残っています。


このままではどこまで被害が広がるか分かりません。

消毒の必要がありそうです。

摘果


果樹を育てていると、いつまで経っても実ができないという悩みはありますが、逆に実が付きすぎるという贅沢な悩みも出てきます。

20190527072004428.png


スモモのサンタローザ。


実が付きすぎた場合は摘果しなければいけない、というのは分かってはいるのですが、なかなかどうして、どれをどれだけ取り除こうか?と悩んでいるうちに時間が過ぎてしまいます。


20190527072011415.png

ネクタリンのサマークリスタル。


そもそもやっと出来た実を摘み取るなんてもったいない、という心理が苦手な最大の原因ですが、摘果しないと美味しい実ができなかったり、木を痛めるので、ここは心を鬼にして作業をします。

20190530050424329.png


下がサンタローザ、上はバイオチェリー。サンタローザは木が小さい割にはたくさんなっていました。

バイオチェリーはもっと摘果しないといけない気がするのですが木が大きくなっているのと、こいつ半分チェリーだったよな…、というよく解らない理由で多めに残しました。(なんとなくサクランボは鈴生りでも大丈夫なイメージがある)

20190530050908fc7.png


サマークリスタル。かなり摘み取ったのですが半ばで中断。それにしても葉にアブラムシが多いです。


[ 続きを読む » ]

ネクタリンに袋掛けをする


初収穫を目指しているネクタリンサマークリスタル

20190617193148997.png


木は大きく

20190617193236c06.png


実は赤くなってきました。


とても良い感じに成長している風です。


が!


よく見ると汚いのや傷んでいる実がちらほら見え、最終的にどれくらい収穫にたどり着けるのかがハッキリしません。

そこで今さらですが袋掛けをすることにしました。(近所の桃はとっくに袋掛け済ましています)

20190617195249dec.png


近所のホームセンターで50枚入って約350円。

100枚あれば大丈夫だろうとふたつ購入。

専用の袋だけあって、針金が入っていて袋掛けが簡単にできるようになっています。


さて、ドモホル○リンクルではないですが、袋を掛けるためにひとつひとつサマークリスタルを見つめていると、ボーッと見ていた時には気が付かなかった、傷んでいるものが確認できます。

201906172000000f3.png


腐っていたり。


20190617200452c92.png


裂けていたり。

20190617200555ac3.png


なんまいだ~。

今回もけっこうな数がダメになっていました。

前回と前々回の摘果と合わせてどれだけの実を落としたのだろう。



スモモの大石早生もいっしょにしたのですが、最終的には袋がなんまいだか足らなくなり、広告を袋に加工して袋掛けをフィニッシュしました。

サマークリスタルは100、大石早生は30くらいはあったと思います。


20190617202331cd3.png


それにしてもやはり美味しい果物を育てるのは袋だけでなく、いろいろ手間が掛かります。

5月頃からアブラムシが大発生して、残念ながらとても無農薬では育成不可能です。

5月と6月にベニカ系の農薬を散布しました。


それにしても。

これまで植えてきた果樹はそこそこな味の物ばかりなので、手間がそれほど掛からなかったのですが、美味しい物を作ろうとするととたんに手間がかかります。

ミカンも良い品種はなかなか成長しないし、スモモもソルダムはボロボロだし。

美味しければ美味しいだけ、手間も難易度も同じようにアップする。

上手いことできてやがります。



梅雨入りしたのでいろいろ採取する


昨日四国地方も遅い梅雨入りをしました。

20190627202737fc9.png


去年は6月5日が梅雨入りだったので21日遅く、過去最も遅い梅雨入りになったようです。

2019062720293781c.png


昨日から雨が降っていて、果樹も花も濡れてご覧の有り様です。

じとじとするのでサマークリスタルが気になってチェックしてみると、腐っているものが10個弱ありました。



明日は曇りの予報ですが一週間程は雨が降り続けるようなので、傷みそうなものを回収する事にしました。

20190627203552398.png


イチジクは軽くていかにも美味しくなさそう。

20190627203810c34.png


バイオチェリーは黒くなったものは毎日採取しているのですがやはりイマイチな味です。

20190627204012597.png


ネクタリン サマークリスタルもいくつか採って見ました。

確認してみると表面に亀裂が入っているものがあり、こんなのを置いていたらすぐ腐りそうです。

それはともかく見た目は悪いですが、ほのかに桃のいい香りがします。

三つの中で一番大きなものは124gありました。

7月中旬から下旬が収穫予定のサマークリスタルですが、食べてみていける様なら早目の収穫もありそうです。




ネクタリンサマークリスタルを収穫する


梅雨入りしてから松山もよく雨が降っています。

今日は昼前に雨があがったので、気になっていたサマークリスタルを確認することに。



木の近くに行くとヤバイ程に強い桃の香りが。

やはり腐っている物もあるので収穫するとこにしました。


2019063021351961d.png


これはキレイ。


…キレイなものもあるのですが、どこか一部が傷んでいる、惜しいものが多い殆んどです。

(パッと見きれいでも中にシンクイムシ的なのが入っていてダメでした)



20190630213823045.png


まだ硬いものは残して7割程は収穫しました。

「惜しい物」もそこだけカットして食べてみるとジューシーで桃の濃厚な味がしてとても美味しい!


残念ながら人に配るのは無理ですが、初めての収穫にしてはまだ良かった方では?!


来年ももし収穫できるようなら、アブラムシが凄いので対策と袋掛けの2点を早目にする事を心がけるようにします。


ネクタリンの摘果

ネクタリンのサマークリスタル。

202004272010369bd.jpg

花が咲き終わって、小さな実ができています。

20200427201044cbe.jpg



去年は摘果をするのが遅かったので、今回は早めにしました。



202004272010530e8.jpg

今年もたくさんできていました。


たしか去年はもうすぐアブラムシが大発生したはず・・・。

ネクタリン


先週、ネクタリンの摘果をしたのですが、1週間でみるみる大きくなってきました。

202005042006449b0.jpg


今日は追加の摘果と…。


202005042006526b5.jpg


去年だいぶ枝を切って風通しを良くしたのが効いたのか、今年はアブラムシの発生がとても少ないのですが、念のため農薬の散布を噴霧器で行ないました。


去年遅れた、袋がけの準備もせにゃ。



ネクタリンの袋掛け

白メダカがいるプラ舟の白いスイレンが咲きました。

20200515230605353.jpg

食虫植物でもないのに、花の中で虫が死んでる…。








さて、ここんところ数日、ネクタリンに袋をかける作業をしておりました。

202005152305593f6.jpg


去年は遅過ぎて失敗だったので、今年は早くしてみました。

50枚入り×3で150の袋をかけたのですがまだかけ切れてません。

全部で200近くになりそうです。


じゅるり🤤。

これが全部できたらって…典型的な捕らぬ狸の皮算用か。







去年はアブラムシが大発生したのですが、剪定と農薬の散布が効いたのか殆ど発生してません。

記憶では近づくのも嫌になるくらいドロドロに汚かったので、これは大成功。




ただし今年も、葉がブクブクになる縮葉病は大発生です。

これは冬の間に農薬を散布しないとダメなのですが、つまりは完全に手遅れなのです。

石灰硫合剤とかオーソサイド水和剤が効くらしいので、忘れないようにメモしておきます。



20200515230612644.jpg


摘果も同時進行でおこなってます。

太い枝に実が全くなっていないのもあれば、一か所に無駄に鈴なりになっているところもあり、上手くいかないものです。






まあでもあれです。




ド素人なりに摘果するのを選別したり袋掛けしたりするの、桃農家になったようで悪くないもんです。







…ちょっと気になったので桃農家の方はどれくらいで作業するのか検索したら、1時間で150とか200とか300とも出てきました



3日で150とか親方に絞殺されますかね?



プロじゃなくて良かった♡


袋の中

気が付けば6月。

そして平年より5日早い、5月31日に四国地方は梅雨入りしていたようです。

去年の記録を見直すと、とても遅い6月27日に四国は梅雨入りして、その日にネクタリン・サマークリスタルを初収穫していました。



そのネクタリン・サマークリスタル。

袋を大陽に透かして見れば、本来あってはならない所に、実が透けて見えます。

202006022228395ee.jpg

確実に落ちとるがな。


こんな袋を泣きながら回収する日々です。




これなんか、カメムシが透けて見えます。

虫除けの為にした袋の中にいるって。おかしいね。

20200602222845078.jpg

「見えるぞ…私にも敵が見える!」



20200602222853ce2.jpg

やはり素人の袋掛け、わきが甘すぎです。

1か月後予定の収穫の時に、ひとつでも多く残っていて欲しい。

獣の被害にあう

今日は一日中雨でした。

朝、雨の中を外に出ると、ネクタリンサマークリスタルに異変が!

20200618201343e1f.jpg

袋掛けしていた果実が数個、何者かに食い散らかされているっ!


20200618201406356.jpg


取り敢えず散乱したブツを雨の中回収。


被害にあったのは5、6個。

5個はほぼ完食され、種まで真っ二つに噛み砕かれています。

ひとつ食べられずに落ちていたのも。



ここから導き出される犯人は…!



なんかの獣やな。




…それは分かってるわいってことでもうちょっと予想すると、

本命ハクビシン

対抗タヌキ

大穴イタチ、アライグマ


って所でしょうか。

ハクビシンは近所でウロウロしてるのを何度かみたので本命に。

タヌキは道端でよく撥ねられていますのでこっちが本命かもですが、近所で見たことないので。




取り敢えず猫除けの薬が余っていたので、雨の中周辺にパラパラと撒きました。


撒きましたが、全然効きそうな気がしねぇ!


こんなんで獣害が解決したら誰も苦労せんのじゃ!



てなわけでホームセンターに行ってきました。

しかし予想はしていましたが、これといって解決策になりそうな神アイテムは見当たりませんでした。

電気柵するわけにもいかないし。


そんな中(他にかうものがなかったので)購入したのがこれ!


小林製薬の「小動物痛が~る」


2020061820135010b.jpg


…小林製薬じゃなかったかもしれません。


一枚だけ店頭在庫にあったこれを買って帰りました。
(売れないから1枚しかなかったのじゃなく、売れすぎて1枚しかなかったと信じたい)



頼りないぴらぴらを手にザーザー降る窓の外を眺めながら、ワハハこの大雨なら獣も今日はやってこれまい…と考えてしまった所でもう負けフラグが立ってしまったことに気付き、作業することに。



2枚入っていた痛が~るを取り付けたのがコチラ。

20200618201356821.jpg

とても頼りない!


あと2、3枚、痛が~るを注文しようか。(思う壺)

獣の被害にあう、2日目

小動物いやが~るを設置した翌朝。

強かった雨は小雨になっていました。

祈りながらネクタリンの木に近づくと…。

20200619233720560.jpg

うん。

普通に被害にあっとるね。

突貫で設置した「小動物いやが~る」効果なし。

設置の仕方がイマイチなのでこうなる予感はあったのですが、予想通りというのも悲しいものです。


野生動物でなく、子猫がジャンプしても「小動物いやが~る」を越えて登れそうだったし、そりゃそうさ。




そういえば昨日の食べ残しのネクタリンに、奴の歯型がくっきり残っていました。


20200619233728642.jpg


鋭く小さな歯型です。こんな痕跡を残していくとは。

ここから導き出される犯人は…。

…小さな獣やな。


生物学者かマタギでもない限りこれ以上絞れません。






それにしてもかなりヤバい状況です。


一日中、何をしていてもこの事が頭から離れません。



電気柵でも設置するか…。


有刺鉄線でも張り巡らすか…。


大仁田厚じゃあるまいしこんなことばかり考えていたらまた日が沈みました。


もういっそ、畑に布団持って行って寝ちゃろか!



獣害対策

ネクタリンの獣害が始まって3日目。

対策する時間もなかったので、ここは基本にかえり、身体ひとつで出来る防御を実践することにしました。


即ち、見回り。

おそらく弥生時代に農耕が始まった頃から行われていたであろう、伝統的な方法です。

シフトは、24時までは俺、3時までは俺、6時までは俺。


結局、2時くらいの俺が眠ってしまい、目が覚めた明け方5時に見に行くと…。


2020062122195611b.jpg


こうなりますわな。




20200621222007ba9.jpg

あちこちに散乱したゴミを片付けていると、アリがたかった袋があったので試しで採取しました。



20200621222023a95.jpg


袋の中はとてもキレイ。


140グラム程あります。

冷やして食べてみましたがまだ固く、味も薄いです。

やはり早すぎです。







さて、ちょっと前にツイッター漫画で100日後に死ぬワニってのが流行りましたが、このままでは100日後どころか10日後にはネクタリンが無くなってしまいます。


シャレにならないので全開の全力で対策をする事にしました。


2020062122203308c.jpg


まず草が伸び、植木鉢など隠れる所が多いネクタリンの周囲を片付けることにしました。




キレイになった後がコチラ↓

20200621222044d0d.jpg


いや死ぬかと思った。実際、今日が曇りじゃなかったらホント死んどった。


地面すれすれの枝はそこから登ってきそうなので切りました。


20200621222111294.jpg

切った枝に付いていたネクタリン。

ぱっと見はキレイですが虫食いがあります。



↓135グラム。

20200621222117888.jpg



こちらも虫食い。

20200621222122bd7.jpg


ま、まあ、売るわけじゃ無いのでこのくらいは。

去年のは人にあげれないくらいボロボロだったので進歩です。




さらに…。

2020062122205434e.jpg


ドドドン!

「小動物いやが~る」を2枚追加!


202006212221014af.jpg


トゲトゲになりました。

それにしても小動物が登りやすそうな木の形。今後があれば反省点です。


そしておまけ。

ダイソーの、置くだけで猫が来ないトゲトゲマットを10枚ほど買って木の周囲に設置しました。


やれるだけはやりました。


これでも。これでもやられていたら、もう。…泣くじょ!





ネクタリンサマークリスタルの収穫


木の周りを大清掃し、「小動物いやが~る」で万全の防衛態勢で臨んだ夜。



結果を申しますと…。


20200622170913a67.jpg




まさかの完全敗北!





全力で臨んだだけにこの日のショックは大きかったのですが、万策尽きた翌日、ダメもとで蚊取り線香を5個、木の周りにぐるっと置いてみると、何故かパッタリこの夜から獣の被害が無くなりました。(眉唾)


いや~、蚊取り線香って持続時間が意外に長くて、6~7時間燃えてるんですね。

深夜に焚けば朝までバッチリ。



蚊取り線香の効果か、それとも動物の気まぐれか?とにかく獣害は止まり、心安らかに収穫ができるようになりました。


20200626232808128.jpg


カタログにはサマークリスタルの収穫時期は7月中旬から下旬とありますが、半月以上も早いです。

たぶん本場の長野県と暖地の愛媛県の差なんでしょう。



これ以上ならしておくと、どう考えても虫と雨で全部腐ってしまうし仕方ない。


20200626232802feb.jpg

カタログ記載の果重は150から200グラムです。

今回収穫した果実は、まぐれで180グラムくらいまで大きくなった物もありましたが、良く出来たもので150グラム弱程にしかなりませんでした。

小さい7、80グラム~も多いです。

欲張って付け過ぎたのが原因なのか。


20200626232815377.jpg


傷がついたものが多いですが、それでも去年と比べると格段の進歩です。








同時期。

鉢植えで1個だけ育っていたスモモの大石早生が完熟しました。

初収穫です。

20200626232821530.jpg

味は悪くはないのですが、どうしても時期が被るのでサマークリスタルと比べてしまいます…。

サマークリスタルが美味しすぎです。

[ 続きを読む » ]

ネクタリンの剪定

ネクタリンのサマークリスタルの、気になっていた太い枝を剪定しました。

20210119102551918.jpg

↑剪定前。

20210119102602773.jpg

↑剪定後。

こんな切り方じゃ怒られそうですが。

切り口にはニベア一応トップジンMペーストを塗っておきました。

202101191026111c6.jpg

最終的には太い枝をこのくらい切りました。


剪定は苦手で、コレもう切らなきゃどうしようもないないないぁ…状態になってようやく作業しています。





これまで望外に収穫できているサマークリスタルですが毎年縮葉病にかかってしまいます。

今冬は縮葉病対策として殺菌剤散布に初挑戦しようかと思っています。

そこで先日もホームセンターの農薬のコーナーでどれにしようかと迷っていたら、隣の老紳士が「ビィー……」と長時間にガスを放出されたので買わずに帰ってしまいました。

冬季の農薬散布の壁に早くもぶち当たっています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


果樹菜園ランキング

オーソサイド水和剤を散布した

ずーーっと気になっていたネクタリンの縮葉病とソルダムのふくろみ病の予防に、殺菌剤を散布しました。

いろいろ検索してみたのですが一番効果がありそうな『石灰硫黄合剤』はなんだか敷居が高そうだったのでホームセンターで『オーソサイド水和剤80』という物を購入してみました。

もっともこの『オーソサイド水和剤80』に決めてからでも、目薬くらいの箱に入った50g入りのと、レトルトカレーくらいのパウチに入った500g入りのとがほとんど変わらない値段で仲良く並んで売っていたのでどっちにするか考えました。

違いは良く分からなかったのですがどうせ何百倍に薄めるのだろうし、ベルマークじゃあるまいしいっぱいあっても困ると思い小さい方をチョイスしました。





さて、これで散布できる…訳ではなく噴霧器を買わねばなりません。

今までは霧吹きとかおもちゃみたいな噴霧器でだましだまし散布してきましたが、ネクタリンも大きくなってきているのでこの辺りでちゃんとしたのを購入するのが得策かと思われます。


しかしちゃんとしたのを購入するとなればそれなりの出費になるのは必至。


キテレツ大百科じゃあるまいし自作する訳にもいきますまい……。


と、ここで確か物置の奥に、ご先祖様が残してくださった大きな噴霧器があったような、なかったような…。



「あった!」



2021021019141573a.jpg


昭和かな。


最後に使ったのは何十年前か定かではありませんが埃を拭いて使えるかどうかチェック。

なるほど、15ℓの液体が入るみたいです…って重っ!まだカラなのに結構な重量。

試しに水を入れて背中にしょってみると…。


これは自衛隊の行軍訓練陸戦型ガンダムかっ!

令和の時代にこんなん無理無理。

ご先祖様には誠に申し訳ないのですが速攻でホームセンターに。


いろいろある中から工進の『乾電池式噴霧器ガーデンマスターGT-3HS』というのを購入しました。

20210210191422530.jpg

通常の2.5倍の速度で作業できるハイパワー。

しかし単1電池を6個も喰らう諸刃の剣。



そしてタンク容量は3ℓ。

ちょっと少ない気もしますが。

かといって5ℓの機種もあったのですがそこまでは要らないか…とも思いこちらに。


後は散布液を作って撒くだけです!







-結果。

あっという間に4.5ℓ(薬剤使用量7.5g)でネクタリンとソルダム他、無事散布できました。


(最近の大河ドラマ風に本編をナレーションで終わらせてみました)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


果樹菜園ランキング

サマークリスタルとソルダム他開花

DSC_5919.jpg

うちのエース。

ネクタリンサマークリスタルの花が咲きました。

今朝見たら2輪咲いていました。


サマークリスタルは咲く花全部かってくらい実が付くので、毎年たくさん摘果しています。

この能力を少し貴陽に分け与えて欲しい。



2021031018413508a.jpg

ソルダムも開花しました。

ソルダムはふくろみ病が酷くてまともに収穫できていません。

何年か前に7個収穫できたのが最多だったと思います。

収穫どころか枯れる寸前からようやく復活してきました。


ソルダムのふくろみ病とサマークリスタルの縮葉病対策にオーソサイド水和剤を……奇しくも丁度一カ月前の2月10日に散布してみたのですが今年は抑えられるでしょうか。


全然関係ない話ですが『奇しくも』が『きしくも』で変換されないので調べたら正しい読み方『くしくも』だったのですが、500年近くも生きてきて今間違いに気が付きました。ニッポンゴムツカシイネ。

…。

いや。

とゆーか、奇って字は奇想天外とか奇術とか奇数偶数とか奇妙な冒険とか奇特とか『き』で読むヤツばっかなのに何で奇しくもだけ『く』なんだよ、普通に『きしくも』でも違和感ないしわざわざなんで『くしくも』にしたんだよっって、考えたら腹が立ってきました。…冗談ですが。


202103101841466af.jpg

ユスラウメも10輪程花が咲いていました。

いつの間にか咲いていたみたいです。

ユスラウメもそこそこの実ができるのに、扱いが酷いです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


果樹菜園ランキング