fc2ブログ

2019年05月の記事 (2/3)

マルベリージャム


20190519082930fca.jpg


多胡早生がたくさん採れています。


まだ熟れていない実がなにもしなくてもポロポロ落ちます。

それも拾い集めて、虫に噛られたイチゴといっしょくたにしてジャムにしています。


20190519083300487.jpg



熟す前の青い実は酸っぱいので、捨てずに食べれて一石二鳥です。


20190519083631ad4.jpg



もちろん熟したのをそのまま食べるのが一番ですが、ジャムにしても美味しい。


特売の安っすい食パンが、野性味溢れるワイルドなジャムパンに早変わり。

今日も1日がんばるぞい。

パッションフルーツの成長


3月に畑に植えたパッションフルーツですが、2ヶ月経ってどーなったか?というと…。

20190518194057fab.jpg


脇から枝が延びて、いい感じに成長しています。

スタートダッシュ作戦は成功かも?!


201905181942516b0.jpg


この時期ホームセンターで売っているパッションフルーツは20cm程の苗ですから。



これで花が早く咲けば完全勝利なのですが、咲かなければ意味はない?!



20190518194741b90.jpg


そしてこちらは苗木屋さんで見つけたパッションフルーツ。

なんともう鶏卵サイズの実が付いています!

お値段は598円でした。

ホームセンターのと比べたらとてもお買い得に思いましたが、買ったら負けなのでもちろん買いませんでした。

それにしても流石はプロ。



キマダラカメムシ


果樹を育てているといろいろな虫がやって来ますが、今日はでっかいカメムシを見つけたので、捕まえてみました。

20190518162151f62.jpg



デカっ!

今まで見たことがない程の大きさです。




比べる物が写っていないので、その巨大さが少し分かりにくいのですが、普段よく見かけるカメムシよりふた回り程大きい感じ。

普通のモナカと森永チョコモナカジャンボくらいの違いですね。


もう少し分かりやすく説明すると、お相撲さんとかバスケットボールの選手を町で見かけた時のデカっ!という驚きと同程度の大きさでしょうか。


進撃の巨人とか、ソロモンでビグザムと遭遇した時ほどの衝撃は無いです。


というか、そこまで大きさを伝えたいのなら、メジャーで計るか、さっさと1円玉といっしょに撮り直せという話になるのですが、それはともかくさっそく調べてみました。



この虫はキマダラカメムシのようです。

体長20~23mmあり、国内で生息するカメムシ亜科最大種とのことです。

台湾、東南アジア原産で、江戸時代に長崎から入ってきた外来種。



長年長崎と近辺各県のみに生息していたが、2008年に東京で発見。

2011年に愛知県で最初に発見され、2016年には名古屋市の街路樹で多数発見される。

ここ数年であちこちで分布域を急速に拡大している…、とのことで、コイツの正体は進撃の巨人ならぬ進撃のカメムシだったということで、なんとなく上手くオチが着きました。

花咲くレモン


今日は5月半ばなのにとても暑かったです。

西日本は30℃以上の真夏日になったところもあったみたいで、ウチの畑もそれくらいは余裕であったような気がします。

畑にたっぷりと散水して置きました。



さて、このところ柑橘類が花を咲かせています。

20190517224740c0b.jpg


何年もろくに実を付けてなかった大きなレモンの木ですが、何年かぶりに枝をバッサリと剪定したところ、今年は花が満開になっています。

ダメレモンなどと思っていましたが、ダメなのは人間の方だったみたいです。




201905172253371cd.jpg


鉢植えのままのジャンボレモンポンテローザにも花がいっぱい咲いています。

もしもこの小さな木に巨大レモンができたら笑える絵面になりそうです。

ワイルドストロベリーフレーズデボア


2019051512283571a.jpg


たくさん増えたワイルドストロベリーのフレーズデボアがあちこちで小さな実をつけています。

姫睡蓮咲く


今年もひっそりと赤い姫睡蓮が咲いていました。


20190515115343756.jpg



アップにすると豪華ですが、本当にひっそりとですよ。

20190515115449b9b.jpg


ベビーキウイの花


ベビーキウイの開花状況。


オス木のバイエルン。

20190515083531cb0.jpg


2014年に地植したもの。今年も咲いています。




そしてこちらは去年の8月に買ってきて、鉢植えにしたメス木のパープルシャドウ。

20190515083710562.jpg


一年目から花が咲いています。

201905150841193cd.jpg




そして、2014年にバイエルンとセットて植えたケンズレッドには今年も蕾すらついていません…。


収穫は3、4年後とは書いてあっとのですが、これは実をつけないハズレ苗に当たったのでは。


5年間も毎日水をあげて見守ってきた純粋さを返してッ…!


なんてまあほとんど自然任せだったのでそれほどでもないのですが、少し残念です。


近日中に織田信長の霊が降りてきて、咲かぬなら切ってしまえになりそうです。


イチゴ


201905141317316c2.jpg



5月に入った辺りから毎日ザルいっぱいのイチゴが採れています。

クワキジラミ発生


去年の多胡早生は、収穫始めのこの時期にいろんな虫に食べられて大変でした。

今年はほとんど虫の被害が無くて、こりゃいいや~と思っていたところ、去年見なかった不思議な物が大量発生しました。


それがこちら。

20190514104715190.jpg


葉っぱの裏に白いふわふわした糸みたいなものが、あちらこちらに!

葉っぱごと切り取ったらすぐにスーパーの袋にいっぱいになりました。

20190514105125543.jpg


「桑」 「白い糸」 で検索したら定番の害虫なのかすぐに出てきました。

「クワキジラミ」の幼虫とのこと。

白い糸は幼虫が分泌しているロウ物質ということです。


うーん。ふわふわにばかり目がいっていてどんな生命体かと思ったら本体がいたとは。


こんなキモい虫、桑を植えなければ一生知ることはなかったかもしれません。


できれば一生知りたくもなかったですが。

木イチゴ


昨日お友達のお宅に行った時のこと、庭の隅っこにあった小さな木を見て、思わず声を出してしまいました。

それがこちら。

2019051210520330e.jpg



木イチゴが実をつけているっ!



何を隠そう(別に何も隠しませんが)うちの庭の隅っこにも、何年か前に産直市で購入した木イチゴを植えています。


植えてはいますが、未だに実ができたことは無し。


買った苗が悪いのか、日当たりが悪いせいなのか、いっこうに花も実もつきませんでした。


----そしてその内、あきらめて放置したまま時は流れたのです。



201905121115322bb.jpg



木イチゴの木自体は、いろいろな畑や庭の隅っこで見かけてはいたのですが、黄色い実が付いたところは見たことがなかったので、花を咲かせたヒソクサスギを見た時のユパ様くらい驚きました。




世紀の大発見をしたかのようにはしゃぐ私を見て、気の毒に思ったのか友人は木イチゴを分けてくださりました。

ありがたや。



20190512112732110.jpg


大きい。

一円程のサイズがあり、木イチゴにしてはかなりの大きさです。

味もさっぱり甘くて美味しい。


そうだ、うちの木イチゴもひょっとしたら実があるかも?と思い見てみました。

20190512113158885.jpg



…やっぱり今年もダメでした。