FC2ブログ

幻のアレを求めて


世の中にはありとあらゆるものに「幻」が存在します。

幻の酒、幻のケーキに大福、幻の大陸に島に山に滝に湖に犬に猫にメダカにポケモンに…。

世に溢れる幻の逸品。





そして果樹界にも幻と言われるものが存在します。


そう「ポポー」です。



明治ころ日本に入ってきて、その後ある程度広まりながらも、まずいから歴史の狭間に消えていったポポー。

日持ちがせず、流通しづらい点と合わさって、ポポーは幻の果実と呼ばれているようです。



そんなポポー苗をついに半額セールで購入してしまいました。

20191012094225d52.jpg

ジャーン!




実はこのシーズンになると、毎年半額にはなっていたのですが何年も購入を見合わせていました。

購買意欲はその年によってゼロだったり、レジの3m手前まで持って行ったりとバラつきはあってのですが、今年はついに。


…ついに購入してしまいました。



購入を見合わせていた理由はいろいろあって、まず値段が高い。


高いのに1本だけだは結実せず2本植えた方が良いと言われている為、予算がさらに倍になる点と…。




そしてもうひとつは、味が微妙。

やはり自然淘汰されたと言う事は、そういう事なんでしょう。


実際我が家にも、庭にいろいろな果樹を植えていた祖父がいたのですが、ポポーも検討したけれど不味かったので何故だか止めたという話が残っています。


自分でポポーを食べたのは、5年以上前のようですが、味について記載が一切ないのでなんともなりません。


なにやってんだ5年前の自分。そこが一番大事なのに!




今でもこの時期なら産直市場や道の駅に行けば、たぶん売っているはずです。



実は愛媛県はポポー栽培に力を入れている地域があって、たぶん他県より接する機会が多いのです。


20191013221008844.jpg


国道378号線を走っていれば目に入る緑の看板。

2019101322442145f.jpg


おそらくこの看板のお陰で愛媛県人はポポーについて質問されると、「ポポーってどこかで聞いたことがあるけどなんだっけ?ここまで出ているんですけど」
って人が一番多い県になっていると思われます。

だからどうしたって話ですが。




さてポポー、売り場には、ウィルソン、サスケハンナ、シェナンドー、レベッカゴールド、マンゴー、ポトマック…といった品種が売られていて、札以外はどれも同じに見えて迷いました。


検索すればするほど迷います。

アメリカのニール・ピーターソン氏が生み出した最高品種とかなんとか…。


おーい、ピーターソン、どれ買ったらいいんじゃ~?


最終的には勘で、サスケハンナ、シェナンドーにしました。


さあ、何年も心の片隅に引っかかっていた幻の果樹の苗木をゲットしたので育てるぞー!






と、思っていたら、大袈裟でなく本当に買った翌日、訳あってポポーの苗木を2本頂いてしまったのです。

20191012094233ba7.jpg

ジャ、ジャ~ン…?!


え~。

なんかこの、嬉しいようなな悲しいようなモヤっとした気持ち。


都合我が家には幻の苗木が4本存在する訳ですが。


幻の大バーゲン開催中です。



スポンサーサイト



コメント

No title
maruさん♪

とうとう禁断の実
ポポーに手を出してしまいましたか!(笑)
急に4本も育てることになって、良かったですね(爆笑)

ドリアンほどじゃないですから
安心してください。

冬に外でも枯れませんが
地植えにしたら大きくなってくれるんでしょうね。
うちのは、生りませんよ。
相方が枯れたので・・・。
観葉植物と化してしまいました。
No title
今年は我慢できずに手を出してしまいました。
産直市でポポー見かけたので久しぶりに買って食べたら、記憶より美味しかったのでホッとしているところです。

管理者のみに表示

トラックバック